忘年会2016 カニ

居酒屋に入って席に座る。

店員さんが来ておしぼりを渡す。

そしてひとこと「お飲み物、何にされますか?」

namayameta01
photo from:Masahiko Satoh

「決まってるわけないでしょっ!」

・・・なんて、普段は思うタイプじゃないんですが、でもよくよく考えるとそんな気持ちが湧いてきたりもします。

多分、世の中ほとんどの人が「とりあえず生で!」と言うんでしょう。特に安い居酒屋なら、元気と勢いと回転率が命みたいなところもあるんでしょうし、着席後にすかさず「ドリンクどうしますか?」と聞いて、バックヤードに戻り、ドリンクを持ってきたついでに料理のオーダーを取るのは理にかなってます。

namayameta02

うん。最近は特に、日本酒から宴を始めたいんです。だから選択肢があるならじっくり考えたいし、1杯目をビールにしたくない気持ちの時もあるんです。

そこで、「とりあえず生」を卒業して、じっくり考えた日本酒(あるいはなんでもいいけど、ちゃんと自分が飲みたいお酒)を頼むという行為によるメリットを3つ考えてみました。

ひと晩に摂取できるアルコール量を節約できる

まず第一に、当たり前ですがビールを飲むとその分アルコールを摂取することになります。

生中の内容量はお店によってまちまちだと言われていて、Wikipediaによると350~500ml程度なのだそうですが、厚生労働省は、1日に摂取していい健康的なアルコール摂取量の目安をビールなら中瓶1本(500ml)分、日本酒なら1合(180ml)分だとしています。

ichigoutoha03
photo from:日本酒一合と日清カップヌードルは、〇〇が同じ!あなたが日本酒一合について知るべき6つのこと!

ちなみにビールの中瓶1本で摂取するアルコールは22g、日本酒1合に含まれるアルコールの量もほぼ同量の20gです。

「とりあえず」の軽い気持ちで生中を1杯飲んでしまうと、健康的なアルコール摂取量のキャパのうちかなりの量を、その1杯で満たしてしまうことになります。それって、お酒が強くない僕的には悲しいです!

ということで「とりあえず生」をやめると、より多くのアルコールを日本酒(あるいは他の、好きなお酒)として摂取できます。

幸せ!

生中を飲むとお腹が膨れてしまう

食事の最初に生中を頼むと、それだけでお腹が膨れてしまいます。

一般的な成人の胃の容積は空腹時では50mlほどですが、食物が入ると2リットル近くまで膨張します。

引用:「大食いは胃が大きい」はウソ?胃と食欲の関係が判明 – WooRis(ウーリス)

ウェブメディアのWooRisでの、管理栄養士の望月理恵子さんによる記事を参考にすると、人間の胃の容積は満腹時で2リットルなのだそう。

ビールは水分なので、基本的には胃にたまらずに腸に移動して消化されます。だから、単純に500mlのビールを飲んだら胃の25%を使用するというわけではないようなのですが、僕はビールを飲むと早く満腹に感じてしまいます。ビールは量が多いだけでなく、炭酸もあるからでしょう。

namayameta03

いきなり飲み物で満腹になってしまったら、美味しく料理がいただけません。

炭酸があるから、気持ち悪くもなりやすいと思います(主観)

一方で日本酒をちょっとずつ飲むようにすれば、お酒の水分で食事が食べられなくなるほどの量を摂取することはなくなるはずです。僕の場合はなくなります。

これが二つ目の理由。とりあえずでビールを頼むと、料理を腹ペコ状態で料理を楽しめなくなってしまうのです!

気を使って生中を頼むくらいなら、和らぎ水を頼め!

こんなことを言っていると、「生中は、素早く出てくるからみんなの乾杯を待たせなくて済むんだ」という声も聞こえてきそうです。

namayameta05
photo from:T.DAIROKU

確かに生中は、サーバーから出てくるビールをジョッキに注ぐだけなので、オーダーしてから提供されるまでが早く、乾杯がスムーズに行えます。

しかし、そのことに気をつかって本当に自分が飲みたいお酒を我慢するのは馬鹿げています!

そんなことするくらいなら「お酒はすぐにオーダーするから、とりあえずお水をください」とお願いして、そのお水で乾杯すればいいと思います。

お水は後で、和らぎ水としてちょこちょこ飲めばいいですよね。どのみち日本酒を飲むときには水を飲んだ方がいいのですから。

気をつかうくらいなら、最初はお水を頼んで乾杯だけ済ませ、その後でじっくり注文をする!これでいいじゃないですか。

まとめ

元々ビールが好きな人はいいと思います。確かに、疲れているときに生ビールをガッと飲むと、僕も美味しく感じます。

でも、周りに合わせて「とりあえず生」しちゃうのはもったいないなと思った僕の、今回は超個人的な主張でした。

あまりアルコールに強いタイプではないというのも、僕がこの考えに至った理由でしょう。

アルコール量の面から計算すれば、「とりあえず生」をやめれば、その日飲める日本酒の種類が1つ増えるわけです!

どうせ飲むなら、すべての飲む酒を本気で選び、満足する。そんな酒ライフを送りたいものです!!

参考:
「大食いは胃が大きい」はウソ?胃と食欲の関係が判明 – WooRis(ウーリス)
飲んだ水は体のどこへ? – 運動の後や塩っぱい物を食べた後、お酒のん… – Yahoo!知恵袋

忘年会2016 カニ