株式会社フルネットが発行する『地酒人気銘柄ランキング2015〜2016』にて、大吟醸部門5位、吟醸部門6位にランクインする、吟醸にめっぽう強い山形県のお酒があります。

出羽桜です。

出羽桜は、出羽の里純米が旨かった!

dewazakura00

出羽桜はいくつか飲んだことがあるんですけど、バンクーバーで開催した日本酒テイスティングイベントで飲んだ、出羽の里を酒米に使った純米酒はとても美味しくて、参加者の方も美味しい美味しいとおっしゃっていました(いきなり吟醸酒じゃないんかい!という感じですが、美味しかったんで最初に紹介します)

純米らしく米の深い味わいがあって、もちろん吟醸香はないものの、口に含んだ時に微かに甘さも感じて、明らかに良いお酒だってわかります。これは私だけの感じ方じゃなくて、イベントに参加した他の方、特に外国人の方にもその違いは一目瞭然でわかったみたいでした。

私の場合、あんまりこってりした吟醸酒が好きではないので、このくらいの出羽桜でもお酒のほうが合っているのかもしれません(以前飲んだ缶入りの吟醸酒の方は、ちょっと自分には重かったです)

『出羽桜 純米 出羽の里』おすすめです!

ではここからは、出羽桜を飲むにあたって知っておくとよりお酒が美味しくなる情報をまとめます!

1. 『出羽桜』という、名前の由来

出羽桜は1892年に創業され、以来120年以上にわたって山形県でお酒を作ってきた酒蔵です。

出羽桜の「出羽」とは、かつて山形県と秋田県(のほとんど)をあわせた領土を誇っていた国の地名です。「出羽国(でわのくに)」と言い、712年に誕生してから江戸時代の終わりまで、ずっとこの地にあった縁ある名前です。

そして「桜」とは、出羽桜酒造が蔵を構える山形県天童市にある舞鶴山の美しい桜から取られたものです。つまり「出羽(の山に咲く美しい)桜」→「出羽桜」ということでこの名前になったのでしょう。

dewazakura02

2. 出羽桜酒造 5つのポリシー

さて、出羽桜酒造には5つのポリシーがあるそうです。

  1. 地元でしっかりとした市民権と存在感のある酒
  2. これがつまり、地元出身の人が、地元出身の材料(米・水)を使って手がけたお酒を、地元の人に飲んでもらうことが基本だとする、出羽桜の最も基本的なポリシーです。「出羽桜」という名前そのものが、山形のこの地域への強い思い入れを表していますね。

  3. 圧倒的大差のある分かりやすい品質
  4. 鑑評会の審査員とか、日本酒の玄人とか、そういう方だけがわかるお酒では意味がないというのも彼らのポリシー。普通の人が普通に美味しいと思えるお酒を作ることにこだわっているそうです。

  5. 一般的なお客様の手の届く価格設定
  6. 出羽桜ではこの「一般的なお客様の手の届く価格設定」というポリシーに基づき、パッケージにお金をかけて原価を上げるくらいであれば、その分を価格を抑えるという方針の努力をされているそうです。

  7. 他の酒の犠牲の上に立った吟醸酒でないこと
  8. 吟醸酒にこだわり、吟醸酒の割合が70%という出羽桜ですが、一方で高級酒だけでなく、普通の人が普段のむお酒にも手を抜いてはいけないという思いを込めているのが「他の酒の犠牲の上に立った吟醸酒でないこと」というポリシーです。

  9. 利益の社会還元
  10. 最初のポリシーとも関わりますが、出羽桜は利益を地域や社会に還元するために、山形県の地元に「出羽桜美術館」と「斎藤真一心の美術館」というふたつの美術館を運営し、李朝の陶磁工芸品や斎藤一心の絵画等を所蔵・展示しています。

また、海外への進出も積極的に行っており、今では世界20か国以上の人に親しまれているのだそうです。

dewazakura03

3. 出羽桜の酒造りの秘密

出羽桜酒造さんの資料によると、出羽桜では平均精米歩合が52%(ほぼ半分削っている)だそう。一度に100俵分の精米が出来る3台の精米機で一斉に丁寧に精米を行っているそうです。

こしきという昔ながらの蒸し器をつかってお米を蒸したあとは、地元の蔵人さんたちによる2日間に渡る麹づくりです。そして「手もと」というこちらも昔ながらの手法で酒母を作り、酵母を育てていきます。

絞りは、横からの機械の圧力でお酒を絞り出す「ヤブタ式」と、上からじっくり圧力をかけて絞っていく「槽搾り」と、重力に任せて優しく絞る「袋吊り」の三種類を使い分けているそうです。

出羽桜の全ての火入れの吟醸酒は、火入れを一度しかしない生貯蔵酒。-5度で最大9000石( = 1,620,000リットル)を貯蔵できる設備があるそうです。

dewazakura04

4. 出羽桜以外にも銘酒が揃う、山形県の旨いお酒

山形県には、美味しいとされるお酒がたくさんあります。例えば常にプレミアでなかなか手に入らない『十四代』や、平均精米歩合の低い『くどき上手』や、クリーンで飲みやすい『楯野川』なんかも山形県です。

この理由のひとつがお酒を造るための資源の充実です。鳥海山や月山、白鷹山といった有名な山から流れる、質の高い水があります。お酒を造るのに大切な酒米ですが、山形には『出羽燦々』や『酒未来』『龍の落とし子』などなど、クオリティの高いオリジナル米があります。

また酒造同士の研究も盛んで、山形県研醸会という組織では、酵母や酒米について蔵を超えて研究を進めているのだそうです。

dewazakura05

出羽桜 桜花(火入)

最後に、かつてこの出羽桜の人気を全国に知らしめたお酒『出羽桜 桜花(火入)』を紹介します。精米歩合50%、日本酒度「+5」の辛口のお酒で、山形県産のお米を使って作られています。

立香はリンゴジュースのように香り、スイートな飲み口が特徴的なのだとか。「甘い日本酒ゆえにサラサラ飲める」とか、「飲みやすいので日本酒初心者にもおすすめ」というような意見もあり、最初の出羽桜として選ぶのに最適かもしれません。

正直なところ、残念ながら私は飲んだことがありません。でも色んなレビューを読んで、出羽桜といえばこのお酒を外せないので、ご紹介しました。またいつか飲める機会があればご報告します!

価格は 300㎖で520円、720㎖で1,300円、1,800lでは2,600円だそうです。さすが、良心的な価格ですね。

参考:
出羽国 – Wikipedia
酒造り 原料処理 – 出羽桜酒造株式会社
ポリシー – 出羽桜酒造株式会社
甑 – Wikipedia